弁護士とともに

交通事故が原因で、遷延性意識障害と診断されると、後遺障害1急に認定されます。もっとも重い等級であり、今野のことを考えれば、とても大きな負担をあけることになっていくでしょう。それだけに、大きな苦痛を伴うことにもつながっていきます。

被害者本人が申請することが一番ですが、遷延性意識障害では自らはできません。成年後見人を家庭裁判所から選任してもらわなければならなくなりますが、簡単にはいかないでしょう。そこで、加害者側の保険会社が申請するという方法がありますが、あまり得策ではありません。

保険会社は加害者側の立場であり、被害者側の立場ではないからです。そこで、弁護士を使い、被害者側が認定する方法も採られます。実際に専門的な知識と準備が必要であり、簡単にはできないことです。相談しながら適切な流れで申請をおこなっていくのがポイントになってくるでしょう。

負担を増やさないようにするとともに、適切な対処も求めていくことになるからです。遷延性意識障害の示談交渉は、簡単なことではありません。示談金もかなり大きなものになりますし、これからの人生に対する補償をしてもらうことにもなるでしょう。

意識が戻ってきたときにどうするのかといったことも内容に含めていくべきですので、弁護士に相談しながら進めるのが一番の対策です。